吹きガラス
技術は素朴な方がいい
道具は単純な方がいい
作り手は謙虚な方がいい
ガラスが教えてくれました


          
 舩木倭帆
品物を手にした時、それが炎の色をした
熱い液体であったことや、竿に巻き取られ
息を吹きこまれてぐんぐん膨らんでいったことを、
思い出させてくれるものであって欲しいと願って
います。
                
 荒川 尚也
↑ クリックしてください
「夏の間は毎年、沖縄の工房で仕事をします。青い海を渡る風と共に暮らし、作品が生まれます」

 懐かしさと華やかさがバランスよく調和した、使ってみたくなる品々です。
 クリックしてください
吹きガラス・用と美の世界

      西川  孝次
 クリックしてください
村松 学
むらまつまなぶ
中村 真紀
なかむら まき
小西 晃
こにし あきら