テキスタイル(染・織)・古裂


国・内外の現代の布、アンティークの布・・・手作業による布を集めました。
1枚の布によって普段の暮らしが生き生きとしたものになり、その部屋の空間に立ち、思わぬ発見をする喜びは格別な事だと思うのです。
そしてまるでアート作品を手に入れた感覚を持って頂けると嬉しいです。


   

 ポジャギ
 韓国の麻布を手に入れ、日本の
 人の手によって作られた間仕切り
 です。
 巾 90×丈 150
 

 日本の古い布をポジャギの様に縫
 い合わせ、まるでステンドガラスの
 様に仕立てたものです。透ける感じ
 が優しく柔らかです。
 巾 70×丈 88


 
  
 
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  

宮崎。都城の工房で染められたのれんです。
サイズ 巾 84×丈 150又は130  麻100%
麻地の風合いがとても良いのです。
しっかりしていて、それでいて雰囲気があるのです。


★ 海外布ですが、特に美しいと感じたものをピックアップしました。

 
  

1.インド・ショール
タッサーシルク・刺繍
 
  

2.インド・ショール
タッサーシルク・刺繍
 
  

3.インド・藍染
ミシンワーク・絞り
 
  

4.アフリカ・ディダ族
コートジボアール
 
  

5.ルーマニア
アンティーク・ショール
 
  

6.ルーマニア
アンティーク・ショール



  
 
  
 
 インドネシア・ショール
 タッサーシルク・刺繍
 巾 50 × 丈 180
 見事な手刺繍です。
 グラデーションも美しく裏地もついています 
 
  
 
  
 中国・タイ山岳民族
 メオ族・ローケツ染・スカート地
 麻地 巾 40 × 丈 250


古裂の仕事です。明治の時代に染められ、織られた藍・型染・縞・絣・絞り・更紗などの布を使用し。手作業で作られた作品です。


  

1.ティマット・古裂
40 × 14 
 
  

2.敷物・古裂
60 × 17

  

3.コースター・古裂
11 × 11 
 
  

4.コースター・有松絞り
10.5 × 10.5

  

5.ポーチ・古裂
21 ×16 × 24.5 

  

6.巾着・古裂
20 × 18 × 16 
 
  

7.手提げ・古裂
31 × 24 × 7

  

8.手提げ・古裂
32 × 32 

  

9.敷物・古裂
30 × 120 

  

10.バックインバック・古裂
30 × 20

  

11.大島(シルク)・古裂
サイズいろいろ