I


  URUSHI(曲げわっぱを含む)
 

 浄法寺漆器
 岩手県浄法寺町
浄法寺町・天台宗僧侶が寺の什器として作ったことがその始まりだとされ、1200年の歴史を持つといわれています。
又、浄法寺は最高の品質を誇る、国産漆の日本で最大の産地なのです。
伝統ある浄法寺漆器を生活の器としてお使いいただくために、この良質の漆をふんだんに使用し、丈夫でしかも美しい物作りをしています。





1.椀・大・朱・溜
12×7
 


2.椀・小・朱・溜
11×6.5


3.高台椀 4.5寸
朱・溜 13.5×9.5
 

4.そば椀・朱・溜
15×9
 

5.椿皿・朱・溜
15×3.5
 

6.吸い物椀・朱・溜
11.5×10
 

7.盛皿・朱・溜
24×4
 

8.片口 5寸・朱
盃・朱
 

9.卓上膳・溜・黒
30×30
 

10.二段丸重・朱・溜
22×14
 

11.三段角重・朱・溜
20×20
重箱の漆の色は、色々な組み合わせができます。
例えば、
・外黒・内朱
・外溜・内黒 など




 山中塗
 石川県山中
400年余の漆器の伝統と技と誇りをそのまま受け継いだ確かな職人が手間をかけて仕上げてあります。漆だけがもつ優雅な美しさ、そして、使い込むほど、味わいを深めてゆきます。


 

1.大椀
13×8.5


2.姫椀
10×7
 


3.汁椀
11.5×7.3
 
 

4.溜内朱椀
11.5×7
 

5.溜内黒椀
14.3×8.5
 

6.子供椀
10×5.8
 

7.卓上膳
尺2・36cm
 

8.蛇の目蓋物
10×8.5
 

9.5寸・栗・ふきうるし
木皿・茶托
 

10.4寸・栗
朱・茶托
 

11.カレースプーン・
コーヒースプーン
 

12.黒檀箸
長 23.5






曲げわっぱ
秋田県大館市
 曲げわっぱ 弁当箱
 秋田杉 正目の木肌の美しさは、日本の伝統のもつ穏やかな美しさです。



  
  
1.小判弁当 小
18×11×5
  
  
2.小判弁当 中
19×12×6
  
  
3.弁当BOX
20×8.5×5
  

4.二ツ重丸弁当
11.5×10
  

5.ひな弁当
13×11×9.5
  

6.箸箱 大・小
弁当箸(竹)



     おひつ 7寸 生地仕上げ

 お若い方から、おひつい対するお問い合わせが時々あります。
 古き良き時代のお米の美味しさを感じて頂けるとうれしいです。


お弁当箱は、子供の頃の思い出に繋がります。
毎日学校へ持って行った、母の作ったお弁当。そして、運動会、お花見、遠足など、重箱も含めて季節ごとの食材を盛り込み、優しさいっぱいでした。
長い年月を経て、お弁当はコンビニの代表のように買うものとなり、画一的な味とプラスティック容器は当たり前の時代になりました。
その間、それでも家族のため、自分のために、どれほどのお弁当を作ってきたことでしょう。
曲げわっぱのお弁当箱は食べ物の湯気を適当に逃し、適度の水分を保つことによって、腐敗を防ぎ、本当に美味しいです。その上、木肌の温かさに触れる時、心地よさを感じさせてくれます。

また、最近、食の安全が求められる時代になり、お弁当を作る方々が多くなりました。
奥様がご主人様に、母親が子供に、そして自分のお弁当を作る楽しさを味わってほしいと思います。
曲げわっぱのお弁当箱が、より一層美味しさを引き立ててくれます。そして、お弁当を作る側の人達も、豊かさと幸せな気持ちを、共に味わって頂けると思います。


   私自身が店へ持って行く昼食のお弁当です。
とりの唐揚げ、インゲンの煮物、鮭の焼き物、きゅうりのぬか漬け
冷蔵庫を見回して、すべて有りあわせ、何なりと作ります。