ブログ

2018年展示会情報

 

2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年|2013年|2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年

美しい日本のお正月 半泥子・廣永窯 展(2018.12)

12/6~12/22
美しい日本のお正月
半泥子・廣永窯 展

川喜田半泥子から坪島土平、そして藤村州二へ...30年の時を経て再びご縁を頂いたのです。奇跡の様な、このご縁を大切に新しい年を祝う展示会にしたいと思っています。
赤絵・染付・織部・志野などの器は、晴れの日にふさわしい風格を備え、うるしの器を共に、美しい日本が表現されているのです。身のまわりを清め、しめ縄を求め、思いを込めてお正月の準備を楽しみたい思います。
「お正月」という響きは、子どもの頃の甘い懐かしい思い出と重なり郷愁をさそうのです。
お忙しい師走ではございますが、どうぞお出かけ下さいませ。

GABBEH展(2018.10)

10/23~11/3
GABBEH展

再びギャベの展示会をさせて頂く喜びに、心が踊ります。今回も、ギャベをこよなく愛するギャラリーのオーナーが、南イランからたくさん買い付けで来て下さいました。
とても美しいのです。
時を過ぎる程に、素材が色が暮らしになじみ喜びを享受する日々を感じるのです。気が付くと心から愛しみ、手離すことが出来ない存在に、自分がはまっている事に驚きます。
楽しいお話を共有したいと思っています。2Fいっぱいに拡げます。そして心よりお待ち申し上げております。

エスニックの布と道具を集めて 小島鉄平のスリップウェアの器(2018.9)

9/19~9/29
エスニックの布と道具を集めて
小島鉄平のスリップウェアの器

ちょっぴり秋らしい風を感じる空の下、手仕事の布や道具、そして小島鉄平氏のスリップウェアーの器を集めてみました。
異文化が程良い香りをつむぎだす...気がつくと、まったりと心地良いのです。スリップウェアーの技法は、もともとはイギリスで生まれたもの...そして日本で育ち、今では若い作家が次々と新しいこころみをしています。それぞれを組み合わせてみると、思わぬ発見があるのです。愛しいモノを見つけて下さいませ。
心よりお待ち申し上げております。

涼を誘う・吹きガラスとのれん展(2018.6)

6/12~6/23
涼を誘う・吹きガラスとのれん展

初夏の光は日々輝きを強くしています。夏は涼やかに・・・と私達は四季の移ろいを大切にします。
そんな日常を彩り、目を楽しみ、心を和ませる品々があれば・・・と展示会の準備をしました。
吹きガラスの流れる柔らかいフォルムに心を奪われ、風を受けてヒラリと揺らぐのれんは、草木の色も優しく暮らしを潤いあるものにしてくれると思っています。ちょっと汗ばむ、この季節を楽しみながら美しいモノを見つけて下さいませ。
心よりお待ち申し上げています。

SLIPWARE 柴田雅章の作品展 35周年に寄せて(2018.3)

3/15~3/24
SLIPWARE 柴田雅章の作品展
35周年に寄せて

「35周年記念展」に寄せて、柴田氏に作品を添えて頂きました。
「美しい...。」と言う事を作品をもって導いてくださった年月でもあります。どれほど多くの喜びを学ばせて頂いた事でしょう。
初心にかえり、これからも日々の暮らしを愛する大切さを仕事に生かして歩んで参りたいと思います。
<記念展の催物>3月で開店35周年になります。皆様が支えて下さったおかげです。無事過ごせました事、ありがとうございます。
★アイリッシュハープ奏者・水川亜紀さんの心地良い音色で美しい音楽を奏でます。3/15(木)初日11時~の演奏です。お飲み物などご用意しています。
是非、ご参加下さい。お待ち致しております。

GABBEH展 南イラン・アマレ・カシュクリ族の人々が織る絨毯(2018.2)

2/22~3/3
GABBEH展
南イラン・アマレ・カシュクリ族の人々が織る絨毯

「GABBEHと呼ばれる絨毯」との突然の出会いから22年。
この時の感動と喜びを忘れる事は出来ません。そして更に時を経て、その美しさの虜になってしまうのです。
私共で展示会をさせて頂く様なって18年。お客様といっしょに感動を分かち合って来ました。一昨年、ギャベをこよなく愛するギャラリーのオーナーとの出会いが、私に新たな道を開かせてくれました、
その素敵な人とギャベを囲んで、お話をお聞きしながら、より深い魅力をお伝え出来れば嬉しいと思います
2階いっぱいに拡げてお待ち申し上げております

アトリエ・アル 石河道治ジュエリー展(2018.1)

1/26~1/27
アトリエ・アル
石河道治ジュエリー展

大地自然の恵み、地球からの贈り物である貴石。古来より人々の心を華やかに彩ってきました。
石河道春氏の洗練されたデザインは、女性の品格を大切にされていると日々感じています。そして、その作品がこの上もなく上質である事にも魅了されてしまうのです。美しくありたいと願う私達を優しくしてくれるメッセージだと思っています。
6年ぶりの展示会となりました。ゆっくりと流れる時間をお過ごし頂けますれば幸せです。心よりお待ち申し上げております

ページ上部へ戻る