ブログ

2007年展示会情報

 

2021年2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年|2013年|2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年

うるしの器展 ―お正月の仕度―(2007.12)

12/13~12/22     

うるしの器展 ―お正月の仕度―

漆器は扱いづらい・・・。と思い込んでいませんでしょうか。漆器は天然の最高級の塗り物です。丈夫でしかも毎日使えば使うほど、色つやに深みが出ます。うるしの語源は“うるわし”とも言われています。
「漆器の魅力」を、そして本物の底力を味わって頂ければうれしいです。
丸二段重・角三段重・汁椀・大椀・そば椀・椿皿・盛皿・卓上膳・ティマット・スプーン・箸など。

GABBEH展(ギャベ) イランの遊牧民~カシュガイ族の女性が織る絨毯(2007.11)

11/23~11/29      
GABBEH 展 (ギャベ)
イランの遊牧民~カシュガイ族の女性が織る絨毯

遊牧民の人たちも、時代と共に安住しつつある近年において、現代の商人達が手を加えてしまったギャベの多さに戸惑いを覚えます。
イランのカシュガイ族の女性達が、すべて手作業で、ゆったりとした生活や風景を彼女達の感覚で描いたデザインにだけ、こだわり続けて来ましたが、それも限りがあるようです。いつも展示会の度に是非このアートと豊かさを五感で味わって頂きたいと気持ちを込めています。
ラグの大きさ・玄関マット・座布団の大きさ・いろいろです。

染展 創作服  -Akiyo 岡田暁代(2007.10)

10/25~10/31       

染展 創作服 
-Akiyo 岡田暁代

移り変わる四季の中で、染・織布が楽しめる季節が来ました。昨年から始めた岡田さんの衣展も2回目になります。
秋の布を使って、色合い、肌合いを味わって頂ければと思って、いろいろ工夫しました。ゆったり、すっきり、短め、長め・・・おすすめが揃っています。触って、身につけて、ゆっくりとお過ごしくださいませ。

阿部眞士 作陶展(2007.9)

9/25~9/29         

阿部眞士 作陶展

白磁の白さと、フォルムの美しさを追い続け、シンプルな品格のある作品に仕上げています。鮮やかな色絵や染付の作品も彼の魅力です。お父様の祐工先生から続いてきた私共との大きな流れを感じます。

小さなSale(2007.7)

吹きガラスの展示会 ―日常使いの作品を集めて―(2007.6)

6/25~6/30

吹きガラスの展示会
―日常使いの作品を集めて―

食卓で毎日使われている作品を中心に4人の作家に作っていただきました。
日々の生活を愛し、器を楽しんでいただける、心地よさを目指しています。
それぞれの個性や魅力をご覧いただければ幸せです。

河井一喜・河井達之 二人展(2007.5)

5/24~5/30

河井一喜・河井達之 二人展

いつもお尋ねさせていただく、河井久先生の工房で作陶されているご兄弟の作品展です。お若い方々の生き生きとした作品は、豊かな感性にあふれ、そしてまた、器を使うことの歓びを私たちに伝えてくださいます。
作品の中に脈々と流れる河井家の伝統と技は、確実に引き継がれ、力強く伝えられることを感じます。

細江義弘 木の小品展(2007.4)

4/24~ 4/28

細江義弘 木の小品展

それぞれの木の味わいや美しさ、そして使うことの喜びをお伝えできればと思っています。作品を手に取り、さわって楽しんでほしいのです。
細江氏の永年、木と向き合ってきた仕事は、自由な発想と感性が息づいています。

小品に絞り込みました。
椅子、膳、茶托、ティーマット、盆、木皿、スプーン、薄型テレビ台、鏡、額、皿立、等々
(家具のオーダーもたまわります)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

涼の麻と山ぶどう・あけびかご展(2007.3)

3/26~3/31

涼の麻と山ぶどう・あけびかご展

〔麻もの〕
暮らしをより涼やかに見せる麻のしつらえの作品を集めました。
のれん・タペストリー・袋物・洋服・座布団・シーツ・小物など種々

〔山ぶどう・あけびかご〕
時代が変わっても大切にしたい伝統、そして、職人達のすばらしい手。
丁寧に又、大胆に編み上げた作品を何十年ともつことによって生まれる艶と風格を味わっていただきたいと思います。
手さげ・花入・小物類など

舩木倭帆 吹きガラス展(2007.2)

2/22~2/28
  
舩木倭帆 吹きガラス展
食のうつわ

棹の一方から空気を入れてガラスをふく。棹をはずした穴を内側から開いたり伸ばして鉢や皿の形は出来上がっていく。
何を盛るかによって、うつわのくぼみや深さや大きさは生まれる。
生まれたものには、むだがない。

石河通春ジュエリー展(2007.1)

1/26~1/28     
石河通春ジュエリー展

アトリエ アルのデザインポリシーは「優しさとエレガンス」
~個性が煌めく:感性が織りなす美の世界~

所有するだけでなく、装った時に身につける方の個性をいかに際立たせるかを考えた使い心地の良いジュエリーをご覧ください。

ページ上部へ戻る